ヘッダー画像

日本にあるアリバイ会社の現状と内容

内部事情は
今の日本には実際にアリバイ会社というものが存在します。 その名の通り、証拠を販売している業者群のことです。 そもそもこういった内容とは具体的にどのようなものなのか?どのような営業体系なのか?本当に有効な既成事実を入手できるのか? 既存の専門家の実態にせまります。 まず、アリバイ会社が取り扱っているものとは具体的にどのようなものなのでしょうか。 基本的には、この企業はペーパー会社(書類上は存在するものの、実際には稼働していない企業のこと)と呼ばれるものを多数法人登記しており、依頼人がそれらの企業に勤めているかのように見せかける、ということをしています。 業者によって、抱えているペーパー企業はさまざまな業種があります。 実際にこれを利用して、さらにいくつかのバレないサービスが行われています。 最も利用頻度が高いとされ、基本的な業務と言われているのが、「在籍確認」と呼ばれる既成事実です。

既に賃貸不動産がアリバイ会社に依頼する事もある

サービスの内容
バレたらどうなるのでしょうか?
これはペーパー企業に電話がかかってきたときに、オペレーターが応対をしてくれるというものです。 実際には働いていない勤務先が存在するかのように応対し、依頼人がそこで働いているかのように思わせてくれるというもの。 刑事小説などでおなじみの、誰もが頭に思い浮かべるようなアリバイ会社です。 単純な応答だけにとどまらず、電話応答後依頼人に電話を転送してくれるサービスなど、業者によって多種多様なサービスが行われています。 次に、自分の職務経歴を偽装してくれるサービスがあります。 例えば、水商売などのあまり立場の高くない業種に努めている場合、たとえ十分な収入があったとしてもです。 アパートの賃貸契約やその他サービスの加入において不利になることがあります。 そのような人のために、ペーパー企業を使ってそれらしい職務経歴を偽造してくれます。 源泉徴収や雇用証明書、就労証明書など、書類を発行してくれるサービスが多いようです。 場所によっては名刺や社員証、内定通知など、アリバイ会社こまごまとした在籍証明書類を作ってくれるところもあります。 また、最近では、このようなバレないような既成事実を用いて子供の保育園や幼稚園の入園にアドバンテージを求めるお母さんたちが多いようです。 専業主婦のお母さんは、自宅で子供の面倒を見るべきとされており、基本的に保育園を利用することができません。 そのため、OLであると身分を偽装し、共働きの家庭に見せかけるということが行われています。 そのほか、賃貸物件に新規入居する際の保証人を立ててくれるサービスなどもあります。 バレないためには保証人の質によってランクが決められており、アリバイ会社の料金も異なることがあるようです。

クレジットカードやローンに使えるアリバイ会社

クレームや文句
実際の現状ってどうなっているの?
では、アリバイ会社はどのような営業体系をとっているのでしょうか。 ネット社会では、すべての契約がネット上で行えるようになってきています。 たくさんの結果が検索に引っかかりますし、値段の面でも有名な場所と比べても安値で引き受けてくれる優良店もたくさん見つかります。 そもそも、後ろ暗いことがあるからアリバイ専門家に依頼しているわけですから、実際にお店に足を運ばず、顔を見合わせずに依頼ができるというのはバレないのであれば魅力に感じてしまいます。 料金が安いのも当然魅力のひとつです。 ですが、そこで安易に依頼するのはNGです。 直接店に出向かずに依頼できるというのは、店に出向いてほしくないことの裏返しである、こともあるからです。 多くの場合、料金先払いの方式をとっている企業が多いです。 そのため、お金を払うまでどのようなサービスが受けられるのかわからないことが多いです。 アリバイ会社は、副業で行っているところが少なくありません。 そのため、サービスが適当なところも多々あります。 そういったところは来店を拒否することで窓口対応を避け、クレームを受け付けないようにしている可能性があります。 そのため、来店を受け付けている業者を選んだほうが、何かあった時にも安心です。 後ろ暗いことがあるからこそ、信頼のおける優良企業を選んだ方が泣き寝入りせずに済むでしょう。

源泉徴収票をアリバイ会社が作ると違法?

問題やトラブル
法律的な問題やトラブルはあるのか
実際に足を運ぶか否かはともかくとして、来店を受け付けている、ということが重要です。 また、異常に安価な料金設定をしているところは、アリバイ会社はオプション追加料金で儲けている可能性があります。 きちんと料金体系を確認しないと、思わぬところで追加徴収を受けることもあります。 あるいは、サービス内容が杜撰でアリバイがきちんと機能しない可能性すらあります。 たとえば職務経歴を偽造する場合に利用するような、ペーパー企業ひとつとっても、登記等にそれなりの費用がかかっているはずです。 料金にそのような費用が考慮されていない場合、法人登記のされていない架空会社を利用しているケースもあります。 このような点を含め、まずは依頼する業者の実態をきちんと調査してから依頼することが大切です。 目安としては、実績が最低でも二年以上あるベテランの業者を選ぶのがいいでしょう。 ホームページの見た目だけを見て判断するのは危険です。 デザイナーの腕でなんとでも偽装ができてしまうからです。 そのホームページが何年前から開設されているのかなど、ツールなどを使って調べてみる必要があります。 新しくできたばかりのページは要注意。 経験の少ないアリバイ会社はサービスの質もそれに見合っただけのものになります。

逮捕されているアリバイ会社もあります

盛り上がりやすい
デメリットや注意点はあるのか
ところで、業者が準備してくれるアリバイ会社は本当に見破られないのでしょうか。 これも専門家のサービスの質によるところが大きいです。 ペーパー企業を長年利用していると、見破られるリスクが高まってしまいます。 良質な企業は、一定期間が過ぎると新しい企業をつくり、見破られないように工夫を凝らしています。 簡単には見破られないよう、企業内容を作り込んでいることもあります。 利用目的によっては、アリバイ会社のサービス品質に細かい部分までこだわる必要があるでしょう。 当然いくらきちんと準備されていても偽装は偽装ですから、ノーリスクというわけではありません。 それは頭に置いたうえで、サービスを依頼するべきでしょう。 保証人代行などでは、完全成功報酬制を取っているところもあります。 審査が通らなかった場合代金を払わなくても良いというものです。 このようなサービスの有無も、アリバイ会社を選ぶ際には考えてみるのがいいかもしれません。

評判


保育園


賃貸


在籍確認


2ch